『英文学』アーカイヴス(第73号)

 

🔽『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る

第七十三号

目次

論文

白雲郷を求めて
——アイリス・マードック『四季の鳥』と漱石漢詩の接点——
…………………………………………………………………………… 井内雄四郎 1

キーツの詩的言語……………………………………………加賀 岳彦 15

T・S・エリオットとジョウゼフ・コンラッド
——『闇の奥』を巡って——…………………………岡田俊之輔 27

ファウルズにおける時空の錯綜と自己認識について
  ……………………………………………………………………三好 聡子 37

‘I am what I am’ と言うこと ——「セルフ・リライアンス」におけるキャラクターのプラグマティズム――
  ………………………………………………………堀内 正規 46

ヘレン・ハント・ジャクソンとエミリ・ディキンソン 
 ——十九世紀的なものからの逸脱——……………金澤 淳子 58

チーヴァーの第二幕、『フォークナー』 
 ——兄殺し、同性愛——………………………………奥田 大三 70

RUDI KRAUSMANN AND THE PURSUIT OF 
       A MODERNIST ETHOS…………………………………Walter Tonetto 12

The light of the oncoming train 
     Landscape, artifice and crisis in Romantic poetry and art.
   ………………………………………………………… John Collick 1

新保昇一教授を送る

退任に当たって………………………………………………………新保 昇一 82

教師・剣士・ヤーヌス………………………………………………野中 涼 84

「言ふなかれ、君よ、わかれを」…………………………大井 邦雄 86

学院のグラウンド……………………………………………………井内雄四郎 89

新保昇一先生を送る………………………………………………平埜 雅久 91

ON PROFESSOR SHIMPO SHOICHI’S RETIREMENT.
   …………………………………………………………David Friend 93

小沼救(丹)名誉教授を偲ぶ

自侘助と目白……………………………………………………………大島 一彦 94

日本語……………………………………………………………………安藤 文人 95

感心しない弟子…………………………………………………小田島恒志 97

エッセイクラブ

「グラスミア再訪」……………………………………………西山  清 100

あの犬の声が・・・・…………………………………………堀内 正規 102

研究余滴

“To sickly dreams resign’d” 
    Dickens, Bunyan and the monstrosities of commerce
   ………………………………………………………………John Collick 35

会報

BOOKS/雑誌論文・研究発表他/第三十五回研究発表会
   …………………………………………………………………………106

一九九六年度終了予定者提出英文学専攻修士論文題目
   ……………………………………………………………………………115

一九九六年度卒業予定者提出英文学専修卒業論文題目
   ……………………………………………………………………………115

〔編集後記〕…………………………………………………………………………120

🔽『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る