『英文学』アーカイヴス(第70号)

 

🔽『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る

第七十号

目次

論文

陽気な魔術師フェイベルの事
 ——『エドモントンの陽気な悪魔』についての一考察——
…………………………………………………………………………小野 正和 1

風刺家としてのD・ガーネット…………………………神保 昇一 13

アイリス・マードックの詩「一九三九年の アガメムノーンのクラス」………………………………………………………………井内雄四郎 25

兇事としての生、永遠の生命
 ——ヘミングウェイ「インディアン・キャンプ」論——
……………………………………………………………………………野村 薫 35

『翼ある蛇』の神話的構造について………………………大平 章 48

かわせみはいかにして火を掴むか?
——G・M・ホプキンズのソネット——……………飯塚 聡 59

ウォルター・ペイター「ジョルジョーネ派」試論
…………………………………………………………………………上村 仁司 67

マンスフィールドの詩………………………………………大八木敦彦 78

サー・トマス・ブラウンと「庭」…………………………河野 豊 91

フォークナーの一人称短篇小説の三人称小説への書き直し 
 ………………………………………………………………………桑原 敏郎 101

エミリィ・ディキンソンの”suspense″を解く
   …………………………………………………………………平岩 淳子 114

ウォートン『無垢の時代』におけるニューランド・アーチャーの`innocence`…………………………………………深谷 素子 126

アーデンへの道 
 ——『お気に召すまま』と牧歌の変容——
  ……………………………………………………………………冬木ひろみ 137

The Modes of Speech and Thought Presentation in Chaucer`s 
Troilus and Criseyde……………………Keiko SHIMONOMOTO 11

Notes on the Structural Aspects of Pearl 
 ………………………………………………Shoichi OGURO, Isao AKAMA, Michiko NAMIKI, Emi KOBAYASHI, Shigehiro AOKI 1

研究余滴

ホイットマンを理解する…………………………………………野中 涼 149

エッセイ・クラブ

イギリスの芝居から——一九九三年冬——………岡崎 涼子 155

アイリス・マードックの講演を聴いて……………井内雄四郎 158

谷崎先生の涙…………………………………………………新保 昇一 162

ペラーヒへの道…………………………………………………虎岩 正純 164

会報

住所変更・BOOKS・雑誌論文研究発表他・英文学会講演会・

 第三十二回研究発表会………………………………………………………169

一九九三年九月修了者提出英文学専攻修士論文題目…………178

一九九三年度修了予定者提出英文学専攻修士論文題目…………178

一九九三年度卒業予定者提出英文学専修卒業論文題目…………178

〔投稿要領〕……………………………………………………………………182

〔編集後記〕……………………………………………………………………183

🔽『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る