『英文学』アーカイヴス(第68号)

 

🔽『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る

第六十八号

目次

                                          論文

シェイクスピア喜劇における自己の発見 
  ——『十二夜』をめぐって——……………………冬木 ひろみ 1

「洗練」と「感傷」の間 
       ——『センチメンタル・ジャーニー』小論——
   ……………………………………………………………………安藤 文人 13

夏目漱石とジェイン・オースティン 
       ——その会話をめぐって——………………………井内雄四郎 27

G・M・ホプキンズの「ピラト」………………………飯塚  聡 38

「ブラウン神父物語」に就て………………………………妹尾新太郎 49

『恋する女たち』——北欧神話との接点——
   ……………………………………………………………………石井富美枝 61

波・リズム・私だけの部屋 
         ——ヴァージニア・ウルフの文体について——
   ………………………………………………………………………中谷 久一 73

『一九八四年』の物語世界における撞着
   ——Light is Darkness. Darkness is No Darkness——
   …………………………………………………………………奥田 大三 85

W・ゴールディング『蠅の王』のアイロニー
   …………………………………………………………………新保 昇一 98

ヘンリー・ジェイムズのマイナーな小説を読む
    ………………………………………………………………谷本 泰子 109

『クラレル』試譯……………………………………………留守 晴夫 120

                            守屋 富生教授を送る

痛風と拳銃…………………………………………………………守屋 富生 131

守屋さんのこと……………………………………………………中尾 一人 133

イギリスの守屋先生………………………………………………林  昭夫 135

守屋先生、お元気で………………………………………………氷室美佐子 136

守屋先生のこと……………………………………………………井内雄四郎 137

走らない人…………………………………………………………大島 一彦 139

🔽『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る