『英文学』アーカイヴス(第48号)

 

🔽『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る

『英文学』第四十八号

目次

古のロビン・フッド…………………………………………………佐藤 彰子 1

「からくり」のからくり……………………………………久永 東輝夫 14

——『髪盗み』における妖精たち——

〈抒情への回帰〉………………………………………………………西山 清 27

——J・キーツの詩作理念をめぐって——

英国中世騎士物語『キング・サルン』(その三)
…………………………………………………………小黒 昌一 38

カヴァデロとホーソン………………………………………片岡 小百合 52

ナサニエル・ホーソン………………………………………………高橋 俊行 63

『ヒエール』に於けるプリンリモンの問題……………留守 晴夫 76

H・ジェイムズのアメリカ批判その一考察…………豊田 美津枝 92

アメリカ黒人作者リチャード・ライト論………………清水 武雄 106

 ——外傷体験を礎材として——

仮面について………………………………………………………野崎 清子 116

 ——『偉大なる神・ブラウン』から『氷人来たる』へ——

二十世紀のオレステス神話………………………………水崎 野里子 116

古英語詩の頭韻法…………………………………………………三川 基好 140

 ——g-alliterationについて——

G. E. MOORE`S `NATURALISTIC FALACY`………Hideo Nagahisa 149

🔽『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る