『英文学』アーカイヴス(第39号)

 

🔽『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る

『英文学』第三十九号

目次

『モルフィ公爵夫人』の行方………………………………………… 大井邦雄 1

——「悲惨の文学」のための覚書——

アメリカ・プロレタリア文学の史的過程における
「ニュー・マッセズ」(一)…………………………………… 帆足図南次 21

——その動向と評価——

ヘミングウェイ………………………………………………………… 大島一彦 35

The Powe and the Gloryの子供の描写に見るグリーンの「原罪」意識について …………………………………………………… 瀬尾勲夫 45

ホプキンズの「恐ろしい十四行詩」………………………………… 安吉逸季 53

Dryden on Shakespeare…………………………………… Hisatake Jimbo 英文1

名誉教授谷崎精二博士追悼

年譜…………………………………………………………………… 谷崎富士子 61

谷崎精二先生…………………………………………………………… 大内義一 68

端麗の人………………………………………………………………… 岡田秀穂 69

谷崎精二先生―厳しい目と諦観の目…………………………… 尾島庄太郎 71

病床の義父………………………………………………………………上山敬三 72

谷崎先生を偲ぶ……………………………………………………… 黒河内 豊 73

谷崎先生について……………………………………………………… 佐藤和夫 75

私にとっての谷崎先生………………………………………………… 新庄嘉章 76

谷崎精二先生…………………………………………………………… 新保昇一 78

最後の床……………………………………………………………… 鈴木 幸夫 78

恬淡として……………………………………………………………… 野中 涼 80

谷崎先生と旅…………………………………………………………… 野村尚吾 82

谷崎先生とドライブ…………………………………………………… 林 昭夫 85

谷崎精二君追慕………………………………………………………… 原田 實 36

鍵の音………………………………………………………………… 氷室美佐子 89

文学者谷崎先生………………………………………………………… 森 常治 90

「行留まり坂」に思う…………………………………………………守屋富生 91

不肖の弟子………………………………………………………………箭野正雄 93

谷崎先生の想い出……………………………………………………山脇百合子 94

——心をとらえら授業——

会報……………………………………………………………………………………96

🔽『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る