『英文学』アーカイヴス(第37号)

 

🔽『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る

『英文学』第三十七号

目次

投げられた金貨の宿命……………………………………………………姜禎基 1


 ——『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』について——

ジェームズ一世と『以尺報尺』………………………………………鈴木 洋 9

ハーディ文学にみる諧謔………………………………………………玉木卓郎 19

 ——初期の作品をめぐって——

欺瞞の家………………………………………………………………大社 淑子 34


 ——I. Compton-Burnettの小説の世界——

フランク・ノリスの世界………………………………………………神戸春樹 47

るーそ・ベローの立場…………………………………………………木村雅次 59

新しいアイルランド演劇……………………………………………甲斐萬里子 71


 ——ブライアン・フリールとジョン・B・キーン——

AmbiguityとUnityについて…………………………………………塩田 勉 83


 ——ヱンプソン研究会報告——(一)

随想

 オクスフォードの話……………………………………………氷室美佐子 100

 イギリス通信………………………………………………………大井邦雄 103

故増田網教授追悼

故増田網教授・生涯の一記録……………………………………東浦 義雄 109

増田君追憶…………………………………………………………谷崎 精二 110

「墳上哀詩」復刻の頃……………………………………………植田 虎雄 110

増田網先生を偲んで………………………………………………新島 通弘 111

謙虚な自信…………………………………………………………宮田  斎 112

増田先生の想い出…………………………………………………森  政一 113

英作文の恩師としての増田先生の思い出………………山村 三郎 114

会報…………………………………………………………………………………116

昭和四十五年度修士論文題目、昭和四十五年度卒業論文題目………118

🔽『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る