『英文学』アーカイヴス(第33号)

 

『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る

『英文学』第三十三号

目次

マードックのThe Unicorn………………………………………………木村正夫 5

『一角獣』………………………………………………………………栗原行雄 19

 ——アイリス・マードックにおける意識と自我の位置——

サミュエル・ベケット………………………………………………永坂田津子 33

 ——Zone of Zeroとしての詩的世界——

ハーディのペシミズムの方向…………………………………………笹倉貞夫 45

死と再生の神話…………………………………………………………木村正俊 56

 ——Ⅾ・H・ロレンスの『死んだ男』———

詩と神話…………………………………………………………………中岡 洋 70

 ——イエイツをめぐって——

オゥヱンとロゥゼンバーグ……………………………………………大竹正次 81

 ——戦争詩を中心に——

ブランデン、イェイツ夫人のことなど……………………尾島 庄太郎 92

漱石と早稲田……………………………………………………………大村喜吉 93

ギャスケル婦人記念塔……………………………………………山脇 百合子 94

ブルームの日に…………………………………………………………鈴木幸夫 95

英語辞書における語末のsyllabic consonantsの扱いについて(その二)

     …………………………………………………………………岡田秀穂 116

Allegorical Poems of George Herbert……………………氷室 美佐子 130

会報……………………………………………………………………………………97

『英文学』アーカイブス(ダウンロードページ)に戻る